世界中の仲間と地元の人々が出会う、伊豆大島のゲストハウス「キャラバン・フレーク」

- 4 minutes read

Caravan izuoshima
旅行に行く醍醐味はなんだろう。観光場所や自然を見たり、その土地の美味しい味を楽しんだり。地元の人に出会いその人の話を聞くことも、さらに旅行を楽しくするイベントの一つではないだろうか。伊豆大島では、旅行者と地元の人が繋がることができるゲストハウスが岡田港の近くにある。その名は「キャラバン・フレーク」。

キャラバン・フレークの宿泊予約はこちらから!

伊豆大島初のインターナショナル・ゲストハウス
caravan Izuoshima
伊豆大島の2つある港のうちの1つ、岡田港から徒歩10分ほどの場所にあるキャラバン・フレーク。以前、民宿として使用されていた建物をリノベーションし生まれ変わったキャラバン・フレークは、伊豆大島で初のインターナショナル・ゲストハウスだ。

部屋のタイプは3種類

部屋の種類は3つあり、ドミトリールーム・プライベートルーム・デラックスルームが用意されている。
caravan,izuoshima,dormitory room
ドミトリールームは男女混合で、1つの部屋に8ベット用意されている。個別ライト・ベットにそれぞれカーテンがついているので、プライベートも保たれ、もちろんコンセントも各ベットに用意されている。ローコストに宿泊費を抑えたいという人は、この部屋がおすすめ。

caravan,izuoshima,private room
プライベートルームは、6名までが収容できる部屋。日本の宿らしく畳の上に布団を引いて寝るスタイルだ。一人からでも宿泊可能なので、プライベートを保ちたい人におすすめだ。


デラックスルームは、敷地内に1つだけある部屋。6名が収容できるこの部屋は、窓からは海が一望できプライベートのバストイレもついてくる。ちょっと豪華なステイを楽しみたいという人におすすめの部屋である。

全ての部屋に朝食が付いているB&Bスタイル。店があまり空いていないので、朝食があるのは嬉しいサービスだ。

ビジネス利用の人も使いやすいスペース
caravan,izuoshima
このゲストハウスはただ泊まれるだけではない。ビジネスでも利用できるようにWi-Fi設備や作業できるコモンスペースも整えられている。
都会で普段オフィスを設けている会社が、自然の中で研修や会議などで利用できる他、フリーランスの人々の利用も受け入れている。都会の喧騒から離れ、集中して仕事をしたいという人にぴったりの場所だ。

旅行者が地元の人と繋がれるプラットフォーム
caravan,izuoshima,bar
23時まで営業をしている施設内のバーは、地元の人も集まる溜まり場。ここでよく地元の人と出会い意気投合! など、出逢いが生まれている。
伊豆大島では飲み放題を行なっているバーや居酒屋はほぼないが、キャラバン・フレークで3,000円で飲み放題を実施。自然の音を聞きながら、初めて出会った人と交流しながら、美味しいお酒が飲める場所だ。多くの店が夜は閉まってしまう伊豆大島だが、楽しい夜の時間もここでは楽しむことができる。

caravan,izuoshima

キャラバン・フレークの志
caravan, izuoshima
キャラバン・フレークは、多くの観光客にこの大自然・人・独特の文化を伝えるのはもちろんのこと、「移住したい」と思ってくれる人々が増えるよう、教育事業を介した働きを行なっている。本島から多くの学生や若者を呼び、伊豆大島で過ごすことの魅力を知ってもらい、この島の素晴らしさが次世代へと繋ぐよう、試みている。

「活気とワクワクで溢れた島に……」をコンセプトに、伊豆大島の魅力を伝え続ける、それがキャラバン・フレークだ。

キャラバン・フレーク(Caravan Flake)
住所:〒100-0102 大島町岡田10番地
電話番号:04992-7-5857
公式ホームページ:http://caravanflake.com
予約方法:以下のBooking.comよりご予約下さい。


Booking.com

Tags: , , ,